富富富(ふふふ) – 富山の新しいお米

最新情報

2020年2月の記事

■3月のメニュー ひな祭り ちらし寿司

富富富は、酢めしにし時間が経ったあとも、風味や食感が変わりづらく美味しくいただけるお米です。
今年のひな祭りを、縁起のよい富富富でお祝いしてみてはいかがですか?

■材料(2人分)

富富富・・・ご飯2杯
すし酢・・・適量
蒸しエビ・・・4尾
さやいんげん
蓮根の酢漬け
卵2個(砂糖小さじ1 だし醤油小さじ1)

*あれば、いくら、蟹、サーモンなど
*すし酢 まとめて作りおき
 (3合分 酢大さじ3、砂糖大さじ4、塩小さじ1と1/2を 耐熱容器に入れて レンジに1分ほどかけ、よく混ぜます)
*蓮根は、昆布と酢を入れた湯でさっとゆがき 甘酢に浸しておきます。市販の酢蓮根や煮物を代用しても良いです。

 

■作り方

(1)富富富のご飯にすし酢を混ぜます。
(2)卵に調味料を加え、薄焼き卵を作ります。(炒り卵でも良いです)
(3)海老は 酒をかけ、臭みをとり、お湯でさっとゆがきます。
(4)さやいんげんは、沸騰した湯に塩をひとつまみ加え、さっとゆがき、水にさらしておきます。
(5)器に 酢めしを盛り、上から 錦糸卵、海老、蓮根、さやいんげんなどを飾ります。

 

■ひな祭りとは

「ひな祭り」「桃の節句」といえば女の子の健やかな成長を願うお祝い事。
雛人形を並べ、菱餅やひなあれ、ちらし寿司に白酒でお祝いをします。
平安時代、貴族の間で行われていた「ひな祭り」やお祝いごとには、魚に米を詰めて発酵させた「なれ寿司」を食べていたとされます。
江戸時代になると、一般的なお祝いとして広く行われるようになり、バラ寿司(具を混ぜこんだお寿司)が食べられるようになり、それが、現在の具を上にのせるちらし寿司に変化したと言われています。

エビ (エビのようにこしが曲がるまで長生きできるように)
れんこん (はるか先まで見通せるように)
豆 (健康にマメに働き、仕事がうまく行くように)

と縁起を担いだ食材が使われるのもお祝いならではの食事ですね。


<レシピ制作 山崎亮子さん>

管理栄養士、料理研究家、ATELIER table 主宰
宮崎県出身、福岡県から富山県へ移住

季節ごとに少人数制の料理教室を自宅で開催するほか、雑誌やカタログなどのフードコーディネーターや新商品開発、レシピ提案など幅広く活動中。
「食(食卓)を通して生涯豊かに暮らす」をテーマに立ち上げた〝ATELIER table〟では、離乳食教室をはじめ、高齢者の食事、季節の手仕事などを提案している。


「富富富」は富山米のトップブランドを目指すべく、生産者登録制による栽培管理や、流通基準による品質管理のもと、高品質で美味しいお米の生産・供給を図ることとしています。

令和2年産の作付けを前に、関係機関が一体となって、栽培技術の徹底やブランド確立に取り組むことを目的に、富山県民会館で「富富富」生産者推進大会が開催され、登録生産者やJA、市町村関係者など約400名が参加しました。

 

生産者を代表して、JAみな穂「富富富」ブランド化推進協議会の青木会長に、伊藤「富富富」戦略推進会議委員長から登録証が交付されました。

▲生産者登録証の交付

 

講演では、はじめに、県農産食品課から令和2年産の生産者募集状況と栽培・流通基準について、応募のあった673経営体(1,290ha)全て生産者登録されたこと等の説明がありました。(生産者登録証は各地域協議会を通じて配布されます)

続いて、全農とやまから令和元年産「富富富」の販売状況について説明がありました。取扱数量は前年の2倍以上となる5,267トンで、販売先分布としては、県内が24%、県外76%(関東、中京、関西、九州、北海道)と県外への販売割合が高くなっています。※米卸の事業所所在地別の割合
          
次に、各地域での「富富富」の取組み事例について、4名の生産者から発表がありました。
「富富富」導入のメリット、栽培する中で気づいた管理のポイントや苦労していること、また、「生産者自らがSNS等を活用しPR・情報発信することが大切」、「課題はあるが、みんなでブランド化に取り組もう」といった前向きな提言がなされました。

令和2年産向け栽培マニュアルについては、県広域普及指導センターから、主な留意点として「適正な施肥量(コシヒカリ慣行量の2割減)」、「田植え後4週間までの中干しの確実な開始」等の説明がありました。また、産地やロットでのバラつきは評価を下げることから、栽培マニュアルの遵守を徹底し、生産者が高い意識をもって高品質で美味しい「富富富」生産に取り組むことが重要とあらためて呼びかけました。

「富富富」ブランド化に向けた大会宣言では、登録生産者を代表して、県下最大の作付けを予定するJAアルプスの「富富富」ブランド化推進協議会・石坂会長が、“1人1人が自覚と誇りをもって「富富富」の生産とブランド化に取り組む”ことを宣言し、参加者全員で高らかに「ガンバロー!」と声を合わせました。

デビュー3年目の令和2年は一つの正念場となります。関係者一丸となって、県内外の皆様により美味しい「富富富」をお届けするよう努めてまいりますので、引き続き応援、どうぞよろしくお願いします。

※写真はイメージです。実際のメニューはお店ごとに異なります。

 

下記の富山湾鮨提供店にて、期間限定で「富富富」を使用したメニューを提供します。
「富富富」と各店自慢の富山湾で獲れたての海の幸とのコラボレーションをお楽しみください。
期間中は、富山湾鮨だけでなく、すべてのメニューで「富富富」を使用します。

店名住所TEL定休日提供期間
江戸前 寿司正富山市一番町4-29076-421-3860火曜日2月10日(月)〜
寿し処 佐々木富山市総曲輪1-6-11076-431-6788日曜日
祝日
2月22日(土)〜3月28日(土)
土曜日のみ、「富富富」を使用
美喜多寿司富山市四方二番町30-1076-435-2223月曜日2月21日(金)〜3月29日(日)
栄寿し高岡市六家25-20766-31-1059月曜日221日(金)〜3月29日(日)
味喜寿し高岡市城東1-9-320766-25-1051月曜日2月21日(金)〜3月29日(日)
寿司竹射水市立町8-80766-82-3329火曜日2月21日(金)〜3月30日(月)
福寿し滑川市瀬羽町1878076-475-2244不定休2月21日(金)〜3月31日(火)

※店名をクリックすると、店舗のHPにリンクします。