富富富(ふふふ) – 富山の新しいお米

「富富富」生育日記

富山県内各地で栽培されている「富富富」。
生育の様子や生産者向けの栽培管理情報をお伝えします。

いよいよ、穂が出てきました。
田んぼの約半分の稲から穂が出る時期を、出穂期(しゅっすいき)といいます。

氷見市余川のほ場です。ちょうどこの日が出穂期。緑の葉の間から、ちらちらと穂が見えています。
出穂するとこの後、花が咲きます。稲体が暑さに負けないよう、そして、しっかりと受粉できるよう、生産者の皆さんは、こまめに水回りをして、田んぼに水を張った状態を保ちます。

この日の巡回は、新任普及指導員の研修も兼ねて行われました。雨の中、熱心に「富富富」の栽培管理を学んでいました。今後、それぞれの地域での技術指導に生かしていきます。

南砺市利屋のほ場です。出穂までもう少しです。

 

★注目!「富富富」生産者の皆様へ★
・出穂後は20日間の湛水管理を徹底しましょう。
・気温が高い日が続きます。こまめな休憩・水分補給を行うなど、熱中症を予防しましょう。

県内各地(12か所)で、毎週「富富富」の生育調査を行っています。
7月7日に行った生育調査では、近年に比べて、草丈・葉色は同程度、茎の数はやや少なく、葉齢は進んでいるという結果でした。

立山町浅生のほ場です。右側、5月14日に田植えした田んぼも幼穂形成期(ようすいけいせいき)を迎えました。※左は、早植え(4月29日)の実証

 

幼穂形成期の生育は今後の管理の指標となる重要な時期であり、各地域の「富富富」ブランド化推進協議会で、現地研修会が行われています。

7月8日、JAアルプス(立山町管内)の現地研修会の様子です。JA職員により、生育の状況や今後の水管理・施肥量などを説明し、「富富富」生産者で共有しました。

 

7月9日には、県と関係機関で県東部の実証試験田の巡回を行いました。
田植え時期による生育の進みの違いや、試験肥料の効果などを確認し、ほ場担当者と今後の管理について検討しました。
どの田んぼも足跡深さが3cmほどと、田面が固くなっており、今年、重点的に指導してきた「早目・確実な中干し」を適切に行われていたと思います。

 

「富富富」栽培のしるしとなる看板です。

茎をむいて、幼穂(ようすい)の長さを調べます。

豊作を願って・・・

 

 

★「富富富」生産者の皆様へ★

・幼穂形成期以降は、稲体の活力を維持するため飽水管理(足跡に水が残る程度)を行いましょう。
・分施栽培の場合、1回目の穂肥は幼穂形成期の7日後頃に窒素成分で0.75~1.0kg/10a、2回目は1回目の7日後に窒素成分で1.5kg/10a を基本とし、生育により減肥しましょう。

7月7日生育状況と当面の管理のポイント(PDF形式:346KB)

 

県内各地(12か所)で、毎週「富富富」の生育調査を行っています。
6月30日に行った生育調査では、近年に比べて、草丈は長く、茎の数・葉色は同程度、葉齢は進んでいるという結果でした。

立山町浅生のほ場です。茎の数が増えて株が大きくなり、梅雨の晴れ間に緑が鮮やかです。左が早植区(田植え4月29日)、右が慣行区(田植え5月15日)です。前回と同様に、左側の早植区の方が葉色が淡くなっています。

葉色診断の様子です。

早植区は稲の中の幼穂(ようすい、穂の赤ちゃん)が2mmになり、幼穂形成期(ようすいけいせいき)を迎えていました。あと20日ほどで穂が出る見込みです。

 

★「富富富」生産者の皆様へ★

・中干し後は幼穂形成期まで落水期間が長めの間断かん水、幼穂形成期以降は、飽水管理(足跡に水が残る程度の湿潤状態を維持)を行いましょう。
・7月1日~10日は草刈り運動期間です!※一斉草刈り日:7月4日~5日
 イネ科雑草の穂は、カメムシ類の好適なエサとなるので、穂が出ないように草刈りを徹底し、カメムシ類の発生量を抑えましょう。


6月30日生育状況と当面の管理のポイント(PDF形式:379KB)

 

県内各地(12か所)で、毎週「富富富」の生育調査を行っています。
6月16日に行った生育調査では、昨年の同じ時期に比べ、草丈は長く、茎の数はかなり多く、葉齢は進んでいるという結果でした。
「コシヒカリ」と比べると、草丈は3㎝程度短く、葉色は濃くなっています。

立山町浅生のほ場です。奥に立山連峰が見えます。

現在、間断かん水(水を入れる→抜いて地面を干す の繰り返し)を行っています。

左のほ場が早植区(田植え4月29日)、右のほ場が慣行区(田植え5月15日)。左側の早植区は葉色がやや淡くなってきています。右側の慣行区の葉色はまだ濃い状態です。

 

★注目!「富富富」生産者の皆様へ★
葉齢展開が早く、葉色が濃く推移していることから、幼穂形成期までは落水期間が長めの間断かん水を行い、幼穂形成期頃までに足跡の深さ3cm程度の土壌硬度に誘導しましょう。

6月16日生育状況と当面の管理のポイント(有効分げつ終期~幼穂形成期)(PDF形式:360KB)

 

県内各地(12か所)で、毎週「富富富」の生育調査を行っています。
6月2日の調査では、近年に比べて、草丈は並み、茎数は少なく、葉齢はやや遅れているという結果でした。

先週末から、「『富富富』実証ほ生育巡回」を行っています。県内全ての栽培試験ほを回り、場生育状況や当面の栽培管理を確認しています。美味しい「富富富」を消費者の皆さんにお届けするため、これからもきめ細かな栽培指導を行い、生産者の皆さんを支援してまいります。


★注目!「富富富」生産者の皆様へ★

・「田植え後4週間までの中干しの確実な開始」が、美味しい「富富富」のポイントとなります!
「富富富」は、「コシヒカリ」等より葉色がやや濃く、茎数が増えやすいことから、遅れず・確実に中干しを行いましょう。
・カメムシ類の発生が多くなっています。イネ科雑草の穂が出ないよう草刈りを徹底しましょう。


6月2日生育状況と当面の管理のポイント(有効分げつ~中干し)(PDF形式:807KB)

生育巡回の様子です。田んぼに「葉色版」を立てて、稲の葉の色を確認しています。
葉色は、稲体の活力などを推定できる、栽培管理に重要な指標です。

南砺市の早植え試験(4月下旬田植え)のほ場です。
茎の数が増え、田んぼが青々としてきました。しっかりと「溝堀り・中干し」が行われています。

繰り返しになりますが、美味しい「富富富」づくりには、「田植え後4週間までの中干しの確実な開始」が重要です。生産者の皆さんへしっかり周知するため、巡回用の車でもPRしています。

今年度は、県内各地(12か所)で、「富富富」の栽培試験を行っています。
5月26日に1回目の生育調査を行いました。近年の同じ時期に比べ、草丈は短く、茎の数は少なく、葉齢の進みはやや遅れているという結果でした。

栽培試験を行っている田んぼには、写真のような看板が立っています。
“どんな調査を行っているか”や“稲の生育データ”をお知らせしていますので、皆さんにご覧いたき、生産者の皆さんには「富富富」栽培管理の参考にしていただければ嬉しいです!


★注目!「富富富」生産者の皆様へ★

田植えを終えたところですが、「田植え後4週間までの中干しの確実な開始」が、美味しい「富富富」づくりのポイントとなります!
「富富富」は、「コシヒカリ」等より葉色がやや濃く、茎数が増えやすいことから、遅れず・確実に中干しを行いましょう。

生育状況と当面の管理のポイント(有効分げつ~中干し)(PDF形式:690KB)

氷見市の栽培試験田です。感染症対策をしながら、現地巡回や栽培指導を行っていきます。

南砺市の栽培試験田、田植えから10日後の様子です。

10月3日の販売開始まであと1週間! (富山県外は10月10日から販売開始)

今年、田植え直後から収穫まで、生育状況をお伝えしてきた、富山市水橋の栽培試験田。
生産者の 林 義則 さんに、インタビューに答えていただきました。

 

収穫直前、黄金色に稔った「富富富」を背にほほえむ林さん

 

―新品種「富富富」が誕生したときの気持ちを教えてください。
 「富富富」のことを知ったのは、 平成30年産の生産者募集(平成29年秋頃)のとき。
 新しい品種が出るというので、ぜひ取り組んでみたいと思った。(従来の品種とは違って、)作るのに申請がいるとか、農薬の(成分回数の)制限があったり、どうなるわからない部分もあったが、やってみるしかない!と思いで取り組んだ。

 

―「富富富」を栽培する中で、苦労したこと、楽しかったことはありますか?
 苦労というわけでもないけど・・・、他の品種と混ざらないようにはすごく気を使う。刈取りの順番が、「コシヒカリ」を刈って「富富富」を刈って、また「コシヒカリ」となったときは、コンバインの掃除が大変やね。
 楽しいのは、たくさん穫れたとき。自分で作った米を刈り取るとき、稔るまで大変だったけど、収量がありそうだなと感じるとき。

 

―他の品種との違いを感じるの部分はありますか?
 草丈が短くて倒れにくいのは、楽やね。食べた感じは、冷めてもおいしいというのは感じるし、他の人も言うとるね。

 

―栽培するうえで、心がけていること、注意していることはありますか?
 「富富富」に関しては、農薬の成分回数であったり、栽培マニュアルを守ること。安全・安心というのは、どの品種も同じく意識している。

 

―「富富富」に合う、おすすめのおかずは何でしょう?
 何でも合うんじゃないかな。富山は魚がおいしいから、刺身とか魚が良いかもね。

 

―最後に、消費者の皆さんへメッセージをお願いします。
 みなさんに、「富富富」をたくさん食べてもらって、これからも「富富富」をたくさん作っていきたいと思います。


林さん、ありがとうございました!
みなさま、生産者が一生懸命育てた「富富富」、たくさん食べてくださいね。
販売開始まで楽しみにお待ちください!

県内各地で、「富富富」の収穫が進んでいます。
田植え直後から生育状況をお伝えしてきた富山市水橋の栽培試験田でも、収穫作業が行われました。

収穫後の「富富富」は、
①乾燥 : 籾(もみ)を乾かす 
② 籾摺り(もみすり):籾殻を取り除き玄米にする
③ 調製:ふるいにかけ、未熟な粒を選別する
④ 品質検査
⑤ 搗精(とうせい):玄米から白米に仕上げる
といった過程を経て、皆様のもとへ届きます。

10月3日の販売開始まで1か月を切りました。
(富山県外は10月10日から販売開始)
美味しい「富富富」のお届けまで、楽しみにお待ちください!
 
★「富富富」登録生産者の皆様へ★
・籾の黄化が進んだものから遅れずに刈取りを開始し、胴割米の発生を防止しましょう。
・未熟粒等の混入を防ぐため、1.9mm の篩目を使用するとともに、色彩選別機を整備している地域では、積極的に活用しましょう。

 「富富富」の穂は先週よりさらに色づき、いよいよ収穫間近となりました!

 収穫は、適期を見極めて行うことがとても重要です。早く刈りすぎると、未熟粒の混入や収量低下の原因となります。一方で、刈り遅れてしまうと、胴割米(お米にひびが入る)等が増加し、品質や食味が低下してしまいます。

 「富富富」は、籾全体の80~85%が黄色くなった時期が刈取適期であることから、現地実証ほの巡回を通じて、県内生産者に適期収穫を呼びかけているところです。

 美味しいお米となるまで、「富富富」を引き続き見守ってください。 

 生産者の皆さま方には、品質が良く美味しい「富富富」の総仕上げに向け、刈り取り直前までの水管理、適期収穫をよろしくお願いいたします。

富山市水橋栽培試験田の様子です。

大雨や強風にも負けず、しっかりと立っています。草丈が短く倒れにくい品種の特徴が、しっかり発揮されています。

出穂から35日たった穂の様子です。
穂の先から順々に色づいてきています。籾黄化率(もみおうかりつ)は65%程度、収穫適期まであと5日ほどと見込まれます。

★「富富富」登録生産者の皆様へ★
・刈取り5~7 日前まで間断かん水を行い、稲体の活力維持に努めましょう。
・籾の黄化が進んだものから遅れずに刈取りを開始し、胴割米の発生を防止しましょう。
・未熟粒等の混入を防ぐため、1.9mm の篩目を使用するとともに、色彩選別機を整備している地域では、積極的に活用を図りましょう。

詳細はこちら↓
9月4日登熟状況と当面の管理のポイント(PDF形式:376KB)

 「富富富」の成熟が進み、先週よりも多くの稲が穂をたらしています。穂が出た直後は緑色でしたが、今は黄色に近づいており、太陽の光に照らされると黄金色に輝いて見えるようになりました。
 約2週間後には成熟期を迎え、収穫できる頃合いになります。待ち遠しいですね!
 収穫へ着実に近づいている「富富富」を引き続き見守ってください。

https://fu-fu-fu.jp/

#富富富

 

8月27日の富山市水橋栽培試験田の様子です。

出穂から26日経ち、籾がふっくらと、黄色へと変化していきます。

 

★「富富富」登録生産者の皆様へ★
・刈取り5~7 日前まで間断かん水を行い、稲体の活力維持に努めましょう。
・籾の黄化が進んだものから遅れずに刈取りを開始し、胴割米の発生を防止しましょう。
・未熟粒等の混入を防ぐため、1.9mm の篩目を使用するとともに、色彩選別機を整備している地域では、積極的に活用を図りましょう。

 

詳細はこちら↓
8月29日生育状況と当面の管理のポイント(PDF形式:336KB)