富富富(ふふふ) – 富山の新しいお米

富山米新品種「富富富(ふふふ)」Facebook
約十五年の歳月をかけてたどり着いたお米。

暑さに負けない高品質なお米

「富富富」開発ストーリー

「ほおばる幸せ。富山米」をスローガンに、
力を合わせて「美味しい・安全・安心」な
お米の生産に取り組んでいる富山県。

「コシヒカリ」をはじめとする富山米は
多くの方々から高く評価されています。

平成30年秋にデビューした
富山の新しいお米、「富富富(ふふふ)」。

長年の研究成果によって、
お米の品質低下につながる夏の猛暑にも負けず、
病気にも強い、美味しいお米になりました。

つくる人、届ける人、食べる人。
すべての人のほほえみになりたい、「富富富」です。

平成15年〜 高温でも高品質なお米となる遺伝子の検索・特定に着手
平成24年〜25年度 次の3つの特性を「コシヒカリ」に交配
  1. 1. 高温に強い
  2. 2. 草丈が短い(倒伏に強い)
  3. 3. いもち病に強い
平成26年〜28年度 約3,000個体から、3つの特性を併せ持ち、食味の最も優れた1系統を選抜、「富富富」と命名
平成29年度 県内23ヶ所で栽培実証
キャッチコピー・ロゴデザインを発表
平成30年秋 本格デビュー
美しい場所から、美味しいがつくられる。

「富富富」の名称に込めた想い

「富富富」の美味しさのヒミツ

point 1 きわだつ旨みと甘み

「コシヒカリ」と比較して、「富富富」は炊飯米の遊離アミノ酸含量が多いため、旨みと甘みが強く感じられます。

point 2 時間が経っても、硬くなりにくい

「富富富」は、時間が経ってもほぼ炊飯当日の硬さや粘りのままで、美味しさが保たれます。

炊き上がった瞬間、あなたを幸福にします。

一粒一粒のつや。そこから広がるごはんの香り。
そしてほおばれば、うまみとあまみが、
噛むたびに口いっぱいに広がっていく。

「富富富」の美味しい炊き方

1. 計量~すすぎ

計量カップすりきりで正しくお米を計り、たっぷりの水で手早く2~3回かき混ぜてから、すぐに水を捨てます。

2. 洗い

水をきった状態で、指を立て20回ほどかき混ぜるようにして洗います。その後、軽くすすいで水を捨てます。これを2~3回繰り返します。

3. 水加減

平らな台の上で、炊飯器の目盛り線に合わせて水を加えます。
好みに応じて、水加減を調整してください。

「富富富」の粒感を引き出すには、やや少なめの水加減がおすすめです。

4. 炊飯

炊飯器の設定に吸水工程が含まれている場合、浸水は不要です。
炊き上がったらすぐにご飯をほぐして余分な水分を飛ばしましょう。

PAGETOP