富富富(ふふふ) – 富山の新しいお米

最新情報

2019年11月の記事

服部栄養専門学校学園祭にて、「富富富」を使用したメニューを提供していただきました。

ご来場の皆様には、松花堂弁当の懐石料理や、オマールエビのグラタン、豚丼、ヴィーガンプレート等、同校の学生の皆さんが工夫を凝らして調理した様々な料理で「富富富」を味わっていただきました。

ご協力いただいた服部栄養専門学校の皆様、またご来場いただいた皆様ありがとうございました。引き続き「富富富」の応援、どうぞよろしくお願いします!

 

「富富富」は富山米のトップブランドを目指すべく、生産者登録制度を導入し、一定の栽培・出荷基準のもと、高品質で美味しく安全・安心な米の生産・供給を行っています。

令和2年産「富富富」の生産者について、本日の「富富富」戦略推進会議で決定したとおり、募集を開始しました。

登録要件を遵守し、良食味・高品質な「富富富」の生産に意欲的に取り組める生産者の皆さまの申請をお待ちしております。

詳細はこちら

11月5日(火)、本年度2回目となる、「富富富」戦略推進会議が開催されました。

本会議では、「富富富」の生産・販売・PR計画や将来ビジョン等について、生産者、流通関係者、消費者等、様々な分野の委員の皆様からご意見をいただき、検討していくこととしております。

今回は、今年の「富富富」の生産状況、実施したPRや今後の取組み予定、そして、来年産の「富富富」生産者募集について協議しました。

令和元年産の品質について、この夏は最高気温35度以上の猛暑日が連続する過酷な気象条件でしたが、生産者の皆様の適切な栽培管理と、高温に強い特性により、品質は概ね良好であることが報告されました。

来年産の生産者募集については、募集対象や基本要件等は令和元年産同様とすること、作付面積については、元年産からの上積みを図ることとし、需給の動向や応募の状況も踏まえて決定していくこととなりました。
(会議終了後、募集が開始され、12月18日まで受け付けを行っています。)
https://fu-fu-fu.jp/reiwa2/

 

 


委員の皆さまからは、生産面での課題や、販売促進のためのアプローチなど、貴重な提言がありました。また、料理関係の方からは「富富富」を活用したメニューを様々な機会に提供されているお話があるなど、各分野で普段から「富富富」をPRいただいていることを感じました。

今回、委員の皆様から頂戴した意見を生かし、「富富富」の販売促進に取り組むとともに、今年の生産状況を踏まえた来年産の栽培技術対策の検討などを進めてまいります。

引き続き応援どうぞよろしくお願いします。

11月2日(土)及び3日(日)に、東京駅・丸の内通り周辺で開催された「ジャパンハーヴェスト2019」で「富富富」をPRしました。

このイベントは、日本各地の魅力、特に「食」「農」と「観光」「文化」を結び付け、国内外に“本物の日本の魅力”を伝え交流人口の拡大、活力のある地域づくりを目的としたイベントです。

当日は天候にも恵まれ、丸の内仲通りに出店した「富富富」ブースには、「とやま食の王国大使ふふふ」の山下真歩さんにも駆けつけていただきました。

ご来場いただいたお客様からは、「CMみたことあるよ!」「去年から、『富富富』のこと知っているよ!」「冷めてもおいしいなら、是非食べてみたい!」など、心強いお言葉をいただきました。

 

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。 引き続き「富富富」の応援、どうぞよろしくお願いします!