富富富(ふふふ) – 富山の新しいお米

「富富富」生育日記

6月20日生育情報(砺波市ほ場vol.5)

砺波市のほ場は、田植えから約1か月が経ちました。

草丈がぐんと伸び、葉と茎数も増えました🌱
田んぼが緑で鮮やかになってきましたね。

茎数は1株当たり、24.3本でした。
6月13日では1株当たり16.8本でしたので、約1.5倍にもなっています☺

生育状況によって中干しや間断かん水を行います。
砺波市ほ場は、稲体や根の活力を維持するため、中干を継続して行っています。
田んぼに入ったときに、くるぶしが軽く沈む程度の硬さまで中干しを続けます。

「富富富」生産者の皆様へ
中干しが完了したほ場は、幼穂形成期まで落水期間が長めの間断かん水を行い、
幼穂形成期のSPAD35(群落葉色4.0程度)に誘導しましょう!

生育状況と当面の管理のポイント(6月21日)
※7,8ページに「富富富」の情報が掲載されています。