富富富(ふふふ) – 富山の新しいお米

富山米新品種「富富富(ふふふ)」Facebook

育つ、富富富

「富富富」初収穫!

平成30年秋にデビューする富山米新品種「富富富」の収穫作業が、9月13日から県内各地の実証ほ場で始まり、魚津市大海寺野の農事組合法人NAセンター(代表理事 馬場均さん)が管理する実証ほ場では、石井知事が収穫作業を体験しました。

  

県担当者から生育状況の説明。「富富富」は地際から穂の付け根までの長さが63㎝と、コシヒカリに比べておよそ25㎝短いため、雨や風で倒伏することなく、順調に生育しました。

馬場代表理事からコンバイン操作の説明を受け、収穫作業を体験する石井知事。

 

収穫した「富富富」を持つ稗苗県議会議長、石井知事、馬場代表理事、村椿魚津市長、高野県議ら関係者。

収穫作業を終え石井知事は、「多くの皆さんとスクラムを組んで育ててきた新品種なので、大きく羽ばたけるように頑張っていきたい。」と語りました。
また、実証栽培に取り組んだ(農)NAセンターの馬場代表理事は、「草丈が短いため、収穫作業がしやすかった。
来年も積極的にトライしていきたい」と評価しました。

 

収穫した富富富については今後、収量や品質、食味などの調査・分析を行い、平成30年のデビューに向けて良食味かつ高品質な栽培技術の確立に活かします。

また、収穫された富富富の一部は、10月以降、県のアンテナショップや各種イベントで限定販売を行います。
販売や試食に関する詳しい情報については、HPで随時掲載していきますので、ぜひご確認ください。


 

PAGETOP